携帯無料ゲームtop
グリーはmixiと同じようにPC向けのSNSサイトとしてスタートしています。社長は元楽天の社員だった田中良和氏で、mixiとともに日本を代表するソーシャルネットワーキングサービスです。
グリーは元々田中社長が個人的に開発して運営していたSNSサイトでしたが、2004年には利用者が10万人を超える規模に成長したことから会社を設立して運営するかたちをとることになったわけです。

グリーが現在のように無料ゲームコンテンツに力を入れはじめたのは、2005年からスタートしたモバイル版のグリーが好調にアクセスを集めるようになったからです。
携帯端末の性能が向上した2007年から2008年にかけてさらにモバイルサイトは順調にアクセスを集めていき、2009年のはじめにはグリーのアクセスのほとんどがモバイルサイト経由のものとなっていきます。

PC向けのSNSサイトとしてスタートしたグリーは、僅か1年後にモバイルサイトを立ち上げてモバイルサイトを中心に成長していったわけですから、新しいグリーのユーザーほどPCサイトのグリーのイメージがほとんどないという人も多いはずです。
プライベートで運営されていた時期から創業時まではPCサイトとして成長してきたグリーですが、会社を設立してからはモバイルSNSとして成長してきたのがグリーの特徴と言っても良いのではないでしょうか。

携帯サイト、グリーのアクセスが膨らんでいくなかで、力を入れてきたのが携帯向けのアプリケーションの拡充で、なかでもゲームコンテンツには相当の力を入れてきています。
グリーはそのゲームの開発に関しても、プログラムができる人間に外注することなく、ほぼ全てのゲームの開発を、ゲーム出身者がいない社内のメンバーだけで進めてきました。こうしたところもグリーゲームの特徴かも知れません

グリーのユーザーには、根強いグリゲーファンがたくさんいます。もちろん今後のソーシャルアプリの新作にも注目していきましょう。


(c)dinerminor.com